代表理事 ごあいさつ

2020年4月1日より代表理事・常務理事に就任いたしました。ドーン財団は昨年25周年を迎え、男女共同参画社会推進にむけた専門性高い事業の企画、組織運営を通じて啓発活動のあり方を先導してきました。草創期から充実期・激動期・転換期を経て運営のコンセプトである「男女共同参画の理念の継承」「様々な団体、期間との協働」「男女共同参画を阻む社会慣行や制度の変革」を基盤にしながら、さらに新しい分野へも事業展開を広げ、施策の推進を社会生活の中へ拡げていくために、多様な機関との協働を促進する中間支援の機能も充実させていきたいと考えています。

今、感染症対策による行動自粛などにより、個の在り方が様々な形で顕在化してきました。アイデンティティーを大切にし、ゆるやかに時間を過ごし、生活を個性豊かに過ごすことへの気づき、反面では孤独に耐えがたいことから生まれてくる課題や、相互の関係がより密になる環境から派生する課題などもあります。新しい生活様式の浸透のなかで見えてくること、埋もれてしまうことなど、しっかりと見定めていくことが必要です。

男女共同参画社会を推進し啓発する事業展開にもSNSの導入を含め新しい変化が求められています。このような状況の中で、私たちが大切にしていかなければならないことは、「必要な支援が必要なところに届けられること」です。相談事業は休まず窓口を開き続けること、事業実施時期が変更・延期になってはいますが、次世代育成のための啓発事業やエンパワーメントの輪を広げていく事業など、大切な歩みを止めないよう事業運営に取り組んでまいります。

 

一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団
代表理事 焼野嘉津人