[募集終了]特別プログラム1/暴力被害を受けた母子への支援 グループ・スーパービジョン

※定員に達しましたので、募集を終了しました。

フェミニストカウンセリング専門講座2019  特別プログラム1
「暴力被害を受けた母子への支援  グループ・スーパービジョン」
 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
支援の現場では、さまざまな問題に直面した時、
「どう対応したらいいのか」
「どのように理解したらいいのか」
「自分の対応はこれでいいのか」
と迷い、1人で悩みを抱えがちになります。

支援者が問題を抱えすぎず、
また孤立することなく仕事を継続するためには、
経験豊富な専門家から指導・助言を得ることは不可欠です。

特別プログラム1では、
福祉・保健医療・教育等の現場で、
女性相談・児童相談・メンタルヘルス相談等に携わっている支援者を対象として、
事例を通して、DVや虐待への理解、母子への包括的支援について考えます。

児童虐待およびDV被害者支援分野における
経験豊富なスーパーバイザーとともに、経験・知識の共有を行い、
支援職の資質と専門性の向上を図ることを目指します。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【日時】
2019年7月4日(木)、8月22日(木)、9月12日(木)13:30~16:45(全3回)

【場所】
ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)中会議室3(4階)
〒540-0008 大阪市中央区大手前1丁目3番49号

【内容】
事例を通して、DVや虐待(性的虐待を含む)への理解、母子への包括的支援について考えます。

【スーパーバイザー】
岡本正子(児童精神科医、大阪教育大学 学校危機メンタルサポート共同研究員)
増井香名子(新見公立大学地域福祉学科講師、社会福祉士)

【対象・定員】
①女性相談・児童相談・メンタルヘルス相談等に携わっている
②福祉・保健医療・教育等の現場で暴力の被害者や子どもに出会う
③「フェミニストカウンセリング専門講座」受講生
上記、①~③のいずれかを満たす支援者

【費用】
30,000円(全3回) ※賛助会員は10%割引

【主催】
ドーン財団(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団)

【申込方法】
下記内容を記載しお申込みください。
①氏名(ふりがな) ②所属・勤務先
③経験年数 ④勤務先所在地 ⑤連絡先電話
⑥連絡先メールアドレス(またはFAX)※必ずご記入ください
⑦受講動機、テーマに関心のあること等

【申込先
(メール)jigyo@dawn-ogef.jp(FAX)06-6910-8624

またはホームページからお申込みください。お申込みページはこちら

【申込締切】
受講開始日の1週間前

【その他】
選考の上、参加者決定通知を送付します。
※初回3日前までに通知がない場合は申込先にお問合せください。

【問合せ先】
ドーン財団(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団)
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15 大手前センタービル12F
TEL:06-6910-8615
FAX:06-6910-8624
E-mail:jigyo@dawn-ogef.jp
受付時間 月~金 9:15~17:30(土日祝は休み)

チラシ印刷用[PDF]は→こちら