ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > その他

「女性弁護士による女性のための法律相談」8月分 受付け中

当財団では、「女性弁護士による女性のための法律相談」を実施しています。 女性が、あらゆる問題に対して、安心して法律の相談ができる場です。
次回、8月10日(木)のご予約を受付け中です。【無料】
*******8月10日 木曜日① 14:00~② 14:30~③ 15:00~④ 15:30~※相談時間はお1人30分です。
詳しくはこちらhttp://www.dawn-ogef.jp/event/2017/02/post-59.html

⇒ 続きを読む

「女性弁護士による女性のための法律相談」7月分 受付け中

当財団では、「女性弁護士による女性のための法律相談」を実施しています。 女性が、あらゆる問題に対して、安心して法律の相談ができる場です。
次回、7月13日(木)のご予約を受付け中です。【無料】
*******7月13日 木曜日① 14:00~② 14:30~③ 15:00~④ 15:30~※相談時間はお1人30分です。
詳しくはこちらhttp://www.dawn-ogef.jp/event/2017/02/post-59.html

⇒ 続きを読む

松井一郎大阪府知事から感謝状を頂戴しました。

 大阪府教育委員会の教職員研修の一環で、民間企業等派遣研修という研修があります。
 これは、大阪府内の小・中・高校の教員が、一年間で2か所(半年間ずつ)の民間企業等での研修を通して、 教員としての資質と指導力の向上を図るとともに、人材育成、組織運営等、リーダーとしての指導力の充実を 図ることにより学校教育を活性化しようとするものです。
 当財団は毎年、この派遣研修の受け入れ先として学校の先生を受け入れてきましたが、それが大阪府の教育 へ寄与したと評価され、松井一郎大阪府知事より、感謝状を頂戴しま...

⇒ 続きを読む

「尚州(サンジュ)市女性団体協会」の皆さんがドーンセンターを視察されました。

 4月14日、韓国の「尚州(サンジュ)市女性団体協会」の皆さんが、ドーンセンターを視察されました。
 この団体は、「女性が活躍する社会形成」を目指す民間団体やNGO関係者で結成されており、今回は、日本型モデルケースを学ぶことを目的にドーンセンターを見学されました。女性が積極的に社会参加するために必要な支援やその役割を学ぶべく、参加者の方が、大阪府並びに当財団の説明を真剣に聞き入る様子が印象的でした。
   
 当財団の白井文業務執行理事の歓迎の挨拶の後、大阪府の女性活躍推進の現状、平成6年(19...

⇒ 続きを読む

タイの皆さんがドーンセンターを視察されました

 タイで人身取引対策に取り組む政府、NGO関係者や検事、警官、ケースワーカーなどの皆さん15人が10月27日、ドーンセンターを視察されました。 NPO法人「女性と子どものエンパワメント関西」(兵庫県宝塚市)が、独立行政法人JICA(国際協力機構)から受託された人身取引対策に関する「日・タイ合同ワークショップ」事業の1つで、男女共同参画センターの日本型モデルケースとしてドーンセンターを研修先の1つに選ばれました。 この日は、ドーン財団側が平成6年(1994)にドーンセンターが開館したいきさつや、そ...

⇒ 続きを読む

WomenPioneersパネル展示されています(ふらっとねやがわ)

 6月の男女共同参画週間に合わせて、ふらっとねやがわ(寝屋川市立男女共同参画推進センター)で「ふらっとスタッフが選ぶ女性の地位向上に貢献する17人~動けば社会は変えられる!」と題したパネル展示がおこなわれています。 様々な分野で先駆的な活躍をされた方々を紹介するにあたり、当財団編集制作のDVD「WomenPioneers」で紹介している「政治家、社会運動家:市川房枝さん」「科学者、農学博士:阿武喜美子さん」の写真提供をさせていただきました。 お時間のある方はぜひどうぞ足をお運びください。
 展示...

⇒ 続きを読む

国際女性デー記念コンサート&歓談会に参加して

 3月12日(夜)、パトリック・リネハン米国総領事とエマーソン・カネグスケさんの主催による「国際女性デー記念コンサート&歓談会」が総領事公邸で開かれ、当財団から業務執行理事の白井文と理事兼統括ディレクターの仁科あゆ美が出席しました。
 アメリカ人として最初の女性作曲家であるエイミー・ビーチなどの楽曲を室内オーケストラの演奏で楽しみました。
 「キャロライン・ケネディ駐日米国大使は、日本の女性の地位向上に協力したいという強い思いを持っています」という総領事の挨拶に会場は沸きました。歓談会では、出席...

⇒ 続きを読む

当財団の「故郷のこと話しませんか?」に参加の森松さんが手記を出版されました

 東日本大震災の被災地から関西へ避難してきた女性たちのための当財団実施のサポートグループ「故郷のこと話しませんか?」に参加中の森松明希子さんがこのたび、手記『母子避難、心の軌跡 』(かもがわ出版、電話075-432-2868)を出版されました。
 森松さんは、大震災による原発事故のため福島県郡山市の自宅から平成23年(2011)年5月、当時3歳とゼロ歳の子ども2人を連れて大阪市へ自主避難して来ました。その年の9月から当財団がドーンセンターで始めたサポートグループに参加。同じような立場の避難女性...

⇒ 続きを読む

高知県のイベントで『Women Pioneers ―女性先駆者たち』が上映されました。

 こうち男女共同参画センター・ソーレ さん開催のイベントで、『Women Pioneers ―女性先駆者たち』から市川房枝の巻 の上映と、Women Pioneers Projectメンバーである林葉子さんの講演が行われました。 主催者の浜口さんからレポートを頂きましたので、ご紹介します。
***********************************************************
 9月25日(日)「131年目の女たちの祝賀会」が無事終了いたしました。素敵な緞帳と桝席...

⇒ 続きを読む

『Women Pioneers ―女性先駆者たち』が高知県のイベントに登場します

 9月25日(日)、こうち男女共同参画センター ソーレ さんが開催される、県民からの企画提案事業「131年目の女たちの祝賀会」は、日本初の女性参政権を高知で実現させた楠瀬喜多さんに注目したイベントです。
このイベントで『Women Pioneers ―女性先駆者たち 』から市川房枝の巻の上映と、Women Pioneers Projectメンバーである林葉子さんの講演(タイトル:女が政治に参加するということ――楠瀬喜多と市川房枝をめぐって)が行われます。 主催者の浜口さんからメッセージを頂きまし...

⇒ 続きを読む

キーワード検索