ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 報告 > 共催事業

マッセ・市民セミナー「持続可能な開発目標(SDGs)
~誰ひとり取り残さない社会の実現に向けて~」を開催します。

 2015年の国連総会において「持続可能な開発のための目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」が全会一致で採択されました。SDGsは2030年までに国際社会が一丸となって達成すべき包括的な17のグローバル目標と169のターゲットで構成されており、理念は「誰ひとり取り残さない」です。人権・経済・社会・環境等をめぐる広範な課題に対して、全ての関係者(先進国、途上国、民間企業、NGO等)が総合的に取組んでいくことが求められているのです。 今、私たちは何をすべきでし...

⇒ 続きを読む

【共催】国際女性の日(3/8)記念対談 「さらに輝く!関西女性の発展をめざして」を語る会が終了しました

 3月8日の国際女性の日に、駐大阪・神戸米国総領事館広報文化部/関西アメリカン・センターにおいて、ブルック・スペルマン領事と、ドーン財団業務執行理事 白井文が対談を行いました。
 今回の催しは、ニューヨークの女性労働者によるデモに由来して始まった「国際女性の日」、そして3月の「全米女性史月間」にちなんで開催されました。参加者は18名。
 駐大阪・神戸米国総領事館の広報担当領事として昨年7月に着任されたスペルマン領事は、外交官の両親を持ち、幼少期のほとんどをアジアで過ごしたため、日本語が堪能。これ...

⇒ 続きを読む

共催事業「もっと知りたい!女(わたし)のカラダ in 大阪」が終了しました。

 12月5日(土)、ドーンセンターのパフォーマンス・スペースで「もっと知りたい!女(わたし)のカラダin大阪~自分のカラダとココロを大切にするために~」(共催:ウィメンズセンター大阪)を開催しました。全国キャラバンとして今年度で3年目のイベントで、大阪での参加者は45人でした。
 第1部は、産婦人科医の武田卓さんによる「女性のカラダとホルモンバランス」についての講演。月経のしくみや更年期障害についてのわかりやすい講義でした。その後、協賛の大塚製薬によるプチ講座。更年期に採ると良い成分についての説...

⇒ 続きを読む

共催事業「もっと知りたい!女(わたし)のカラダin大阪~上手にわたしのカラダと付き合うために~」

12月13日(土)、ドーンセンター1階パフォーマンス・スペースで「もっと知りたい!女(わたし)のカラダin大阪~上手にわたしのカラダと付き合うために~」(共催:ウィメンズセンター大阪)を開催しました。全国キャラバンとして18都市で順次開催中のこのイベント。大阪では、ドーンセンターにて開催することができました。新聞にも掲載されたことからたくさんのお申込があり、参加者は150人を上回りました。
第1部は、産婦人科医の甲村弘子さんによる「女性のカラダとホルモンバランス」についての講演。月経痛や子宮内膜...

⇒ 続きを読む

「女性宇宙飛行士が語る―無限大の可能性―」を開催しました

3月25日に関西アメリカンセンターと当財団主催による「女性宇宙飛行士が語る―無限大の可能性―」がドーンセンターで開催されました。
講師は、アメリカ航空宇宙局(NASA)の宇宙飛行士で物理化学博士のトレーシー・ダイソンさんです。
ダイソンさんは、宇宙飛行士の青いユニフォームで登場。笑顔が印象的で、自然体の女性です。
国際宇宙ステーション(ISS)に滞在した生活の様子、宇宙から見た美しい地球の姿を自ら撮影された写真で紹介くださいました。また、どのような経緯で宇宙飛行士になったのかのお話も興味深く、夢...

⇒ 続きを読む

女の暦2014「姉妹たちよ」 ドーンセンター3階で販売中!

ただいま、ドーンセンター3階受付では、女の暦2014「姉妹たちよ」カレンダーを定価1600円(税込)で販売しています。

女が女であることを高らかに謳いながら、 道を拓いてくれた女たちへ、愛と感謝をこめて。 女が連なって生き、つくってきた歴史のシッポに、 わたしたち今生きている女たちがいる。
今年のカレンダーには、元ドーンセンター館長の竹中恵美子さんが掲載されています。 「姉妹たちよ」はカレンダーとしてはもちろん、読み物としても大変面白く、執筆者、そして、 編集者の皆さんの先駆者への熱い思いとと...

⇒ 続きを読む

キーワード検索