ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 報告 > 東大阪市の事業 |【イコーラム】「ひとり親を知る」ことから一歩始まる!いこう!らむカレッジ④

【イコーラム】「ひとり親を知る」ことから一歩始まる!いこう!らむカレッジ④

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは12月2日(土)に、いこう!らむカレッジ④「ひとり親をひとりにしない~私たちにできる支援~」を開催しました。

 神戸学院大学教授の神原文子さんを講師に迎え、ひとり親の抱える就労、貧困など、様々な生活問題が深刻化している現状を、最新データを用いてわかりやすくお話しいただきました。 ひとり親が抱える問題の中には、生活費などの経済的な不安のほか、悩みがあっても適当な相談相手がいないことや、差別や偏見を受けても解決されていないなど、対人関係で「生きづらさ」を感じている人もいるとのことでした。 今回はひとり親家族が抱える問題事例を、参加者同士で検討するワークもあり、ひとり親当事者と支援者がともに意見を出し合うことで、理解を深めることができました。

 参加者からは「いろいろな家庭のかたちがあるという世の中になってほしい」との感想もあり、ひとりひとりが「生きづらさ」を個人の問題として引き受けないようにすること、偏見を失くし、多様な家族のあり方を認めることが大切であると改めて感じた講座となりました。 

006.JPG001.JPG

キーワード検索