ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 報告 > 東大阪市の事業 |笑顔あふれる「平成29年度男女共同参画週間記念のつどい」となりました。

笑顔あふれる「平成29年度男女共同参画週間記念のつどい」となりました。

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは6月24日(土)に「男女共同参画週間 記念のつどい 笑顔あふれる未来へ~性別にとらわれない生き方~」を開催しました。この催しは、国が定めた男女共同参画週間(6月23日から29日)にちなんで東大阪市主催、当財団の企画・運営で開催しています。

 学生や市民から募集した「男女共同参画社会に向けて ひとことメッセージ」の入選作品の紹介では、想いのこもった入選者の自作発表が好評でした。樟蔭中学校・高等学校吹奏楽部によるオープニングは、親しみやすい選曲といきいきとした演奏により、会場がさわやかな雰囲気に包まれました。そして、落語家で僧侶の露の団姫さんと太神楽曲芸師の豊来家大治朗さんご夫妻による落語、太神楽曲芸の披露と講演「女らしくなく男らしくなく自分らしく」では、ご夫妻の生活を通して、性別にとらわれない生き方を楽しくお話しいただき、笑いのたえない講演会となりました。
 ギャラリーでは、ひとことメッセージ入選作品と「喜美子さんちの家計簿~家計簿からみる女性の生活史~」パネル展示を行いました。

 参加者のみなさんからは「説得力があって、笑えて、良かった」「おもしろく、わかりやすいお話だった」「これからの生き方の参考になった」などの感想があり、男女共同参画を楽しく、身近に感じてもらう機会となりました。

1面①オープニング.JPG2面ひとこと入選者.JPG1面②落語.JPG1面③太神楽曲芸.JPG1面④講演会1.JPG

キーワード検索