ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > おすすめ事業・講座 |企業・団体等を対象とした研修会「内部通報制度と不祥事予防~帝人グループを事例として~」のご案内

企業・団体等を対象とした研修会「内部通報制度と不祥事予防~帝人グループを事例として~」のご案内

 企業・団体においては、不祥事の防止や早期発見、発生後のダメージ軽減のためにも、内部通報制度の構築は重要となっています。消費者庁の調査では、民間事業者約3,500のうち大企業の99%、中小企業は40%が導入済みですが、導入していても効果的に運用されていないという悩みを抱えている企業等も存在しています。また導入していない理由は、「制度がわからない」「導入の仕方がわからない」などが挙げられています。

 企業やその製品が消費者や取引先から信頼されるものか、そのためにもコンプライアンスの徹底、ハラスメント対策、内部通報の仕組みづくりは必要です。帝人グループの相談・通報制度の仕組みを構築してきた講師が、内部通報の運用実務、ハラスメント対策、調査実施について報告するとともに、ハラスメント事例等を中心に、実践に向けた留意点を確認、検討するセミナーを実施します。

とき   2017年9月15日(金)14時~16時半

ところ  ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)大会議室2(5F)

内容   1部:事例報告「帝人グループの相談・通報制度」

        講師:黒瀬友佳子(帝人株式会社 CSR・信頼性保証部

                 企業倫理・コンプライアンスグループ グループ長)

     2部:対談「実践に向けた取組のポイントと留意点」

        講師:黒瀬友佳子

        聞き手:白井文(ドーン財団業務執行理事、元尼崎市長、グンゼ株式会社取締役、

              ペガサスミシン製造株式会社取締役、住友精密工業株式会社取締役)

     3部:質疑応答

定員   30名(先着順)

参加費  5,000円

申込み  財団ホームページまたは申込書のFAX

締切り  9月8日(金)

主催    ドーン財団((一財)大阪府男女共同参画推進財団)

申し込みは

http://www.dawn-ogef.jp/event/2017/07/post-64.html

キーワード検索