ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 報告 > 東大阪市の事業 |【イコーラム】「聴く」ことの大切さを改めて学びました。女性応援セミナー~子育て編~

【イコーラム】「聴く」ことの大切さを改めて学びました。女性応援セミナー~子育て編~

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは、5月13日(土)、5月20日(土)の2回にわたり、女性応援セミナー~子育て編~「今からでも遅くない!思春期の子どもの声をしっかり聴ける達人になろう」を開催しました。

 講師には、女性の様々な相談に応じたカウンセリングや、具体的・実践的な講演や研修を主にしている、Felien(フェリアン)の森﨑和代さんを迎え、思春期の子どもたちとのかかわり方について、ワークを中心に楽しく学びました。
 2回を通し、子育て中の「怒り」に対するイメージや「怒り」のプロセスを知ることで、自分自身の「怒り」をコントロールする方法や、子どもの気持ちを聴くことの難しさ、気持ちに寄り添う聴き方のコツなど、子どもの発達心理も含め、わかりやすい話でした。 また、自らも子育ての経験者である講師のエピソードは、参加者にとって共感できる部分がたくさんあり、子育てに役立つヒントをいただいたようです。
 今回は、同じ境遇や悩みを持つ参加者が集まり、「みんな同じような悩みを抱えていて、自分だけではないと安心した」など、交流を深めることができました。また、講義の合間に行われたストレッチは、ストレスを解消するリラックス効果が得られ、ぜひ今後の生活にも取り入れたいとの声が多くありました。
 思春期は親子共に孤立しがちですが、思春期の子育ては、感じ方次第でもっと楽しく、もっと前向きになれるものだと、改めて感じさせてくれる講座となりました。
 002.JPG025.JPG

キーワード検索