ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2017年5月

日本経済新聞及びWEB版に、当財団業務執行理事 白井文についての記事が掲載されました

5月24日付 日本経済新聞及びWEB版に、当財団業務執行理事 白井文についての記事が掲載されました。
日本経済新聞【もっと関西】地元愛 おおらかさが原点 女性の挑戦 支え続けたい前尼崎市長 白井文さん(私のかんさい)
http://www.nikkei.com/article/DGXLASHC18H0R_Y7A510C1AA2P00/

⇒ 続きを読む

【イコーラム】こころとからだ講座①(7/15)を開催します。

7月15日(土)、午後2時から東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムで、「女性のための護身術講座」~自分を信じる心を磨こう~を開催します。 
近年、女性や子どもを狙った犯罪が多発しています。 いつ、そんな危険があなたの身に振りかかってくるかもしれません。 日常生活の中で、女性が安心・安全に暮らせるための知恵や危険な状況に陥った時の対処法を学んでみませんか? 「からだ」だけでなく、「こころ」も強く、元気になれる護身術。 体力がなくても、身体が小さくても大丈夫!! 自信を持って明るく前向きに生き...

⇒ 続きを読む

内閣府 平成29年度「女性に対する暴力被害者支援のための官官・官民連携促進ワークショップ事業」運営業務を受託しました

 当財団では、内閣府 平成29年度「女性に対する暴力被害者支援のための官官・官民連携促進ワークショップ事業」運営業務を受託しました。
 関係府省では、配偶者暴力防止法及び同法に基づく「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等のための施策に関する基本的な方針」(平成25年内閣府、国家公安委員会、法務省、厚生労働省告示第1号)に沿って、配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護のための施策を積極的に推進しています。  全国の都道府県等には、配偶者暴力防止法に基づいて、262か所(平成28年3月現在)の配...

⇒ 続きを読む

内閣府 平成29年度「東日本大震災による女性の悩み・暴力相談事業」を受託しました

 当財団では、内閣府 平成29年度「東日本大震災による女性の悩み・暴力相談事業」を受託しました。
 東日本大震災から6年となりますが、被災地では依然として、長期の避難生活や生活不安などの影響によるストレスの高まりなどから、女性が様々な不安や悩みを抱え、また、配偶者等からの暴力等女性に対する暴力も発生しています。 内閣府では、平成23年度から、女性相談を行っている全国の女性支援団体から相談員を被災地に派遣し、地元の自治体及び特定非営利活動法人と協力して、女性のための相談事業を実施しています。 平成...

⇒ 続きを読む

平成29年度「女性相談に関わる事務局専門スタッフ養成講座(全14回)」のご案内

平成29年度「女性相談に関わる事務局専門スタッフ養成講座(全14回)」のご案内
女性一人ひとりの自律と自立につながる支援とはー。
理論と実践を学び、相談事務局の専門的知識とスキルを身につける7日間(全14回)です。
この講座では、女性の悩みの背景にある社会構造やジェンダー問題を理解し、
女性がエンパワメントする相談事業の事務局を担うことができるスタッフの養成を目指します。
また講座を通じて、参加者同士のネットワーク作りにつなげます。
全プログラムを修了(8割以上)した方には修了証を発行します。
...

⇒ 続きを読む

キーワード検索