ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2016年8月

「U-35 男だけでビール片手に話そう会~俺たちの働き方、生き方について~」


「休日なのに仕事、家族サービス...、たまの休みくらい一人でゆっくりさせてくれ」「ホントはもっと子育てしたいのに。仕事も子育てもはムリ。」「独身だけど、そろそろ結婚すべき?」「もっと自分のために時間を使いたい。」「仕事よりも、趣味・プライベートを優先したい。」「今の仕事を続けるべきか、それとも転職か。」「特に不満はないけど、なんかモヤモヤする。」


「今のままで、ええんかなぁ。」


こんな思いを持つ男たちの飲み会議。「勝ち組でも負け組でもない、第3のライフスタイル」同世代の様々な人が集まっ...

⇒ 続きを読む

【イコーラム】法律を知ることの大切さを感じた講座でした。

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは8月6日(土)に、法律講座「身近な法律のおはなし~家族、仕事、からだのこと~」を開催しました。
 講師に奈良女子大学研究院生活環境科学系教授の三成美保さんを迎えて、生活に身近な法律を学びました。家族、仕事、からだをテーマに、夫婦別姓、DV、セクハラ、過労死等の労働問題、LGBTを取り上げました。それぞれの問題の現状、それに関わる法律について事例を交えてわかりやすく話されました。また、法律の必要性や問題点についてもふれられ、法律は私たちを守ってくれる...

⇒ 続きを読む

【イコーラム】いこう!らむカレッジ②「『終活』を考える」「自分らしい」人生について考えるきっかけとなりました。

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは7月30日(土)に、いこう!らむカレッジ②「『終活』を考える~自分らしく生きるために!~」を開催しました。  講師には認定NPO法人エンディングセンターの井上治代さんを迎えました。
 講師から、まず「『死』について元気に話します!」との言葉があり、和やかな雰囲気になりました。  家制度の時代では、代々男性が、家やお墓を継いで永続していくシステムでした。しかし、現在は核家族化が進み、単独世帯も増え、一代限りで終わることが多くなり、継承を必要としないお...

⇒ 続きを読む

ニュースレター『DAWN通信』第24号を発行しました

ドーン財団の最新情報をお届けするニュースレターを発行しました。ドーンセンター館内で配布 しています。 また、ドーン財団のホームページでは第1号から最新号まで、PDFで公開しています。 ぜひご覧ください。
●第24号 目次  ・表紙 「就任のごあいさつ」 (ドーン財団 理事長 段林和江)  ・特集 平成28(2016)年度事業展開  ・事務所移転  ・財団ロゴマーク  ・イコーラム情報  ・新運営体制  ・事業報告
●PDFはこちら⇒ http://www.dawn-ogef.jp/media/i...

⇒ 続きを読む

【イコーラム】ほっこりした楽しい3日間はあっという間でした。~文化・表現活動講座~  

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは、7月2日(土)、7月9日(土)、7月16日(土)の3回にわたり、「心を育むパステルアート!~ほっと一息つく開放の時間づくり~」を開催しました。 自らも子育てに悩み、常に緊張していた感情がパステルアートとの出会いによって解放され、親子関係が改善したという経験をもつ、アトリエSORA ゆびまるこ代表の高雄良子さんを講師に迎えました。 全3回の講座では、さまざまな「パステルアート」の楽しみ方を教えていただきました。
 初回は、パステルとの出会いというこ...

⇒ 続きを読む

【イコーラム】飲み物片手にリラックス!哲学な時間が終了しました。女性応援セミナー~子育て編~

 東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは、5月21日(土)、6月11日(土)、7月2日(土)3回にわたり「子育てトークカフェ」~大切な子どもとあなたがHAPPYになるミーティング~を開催しました。 今、話題の哲学カフェ。今回は「子育て」をテーマに日頃の悩みや疑問を参加者同士で話し合いました。 講師には、哲学対話をサポートする団体「カフェフィロ」の松川絵里さんを迎えました。
 講師から、哲学カフェは、年齢、性別、職業、経験、社会的立場など、あらゆるちがいを超え、誰もが対等に話し合う場であり...

⇒ 続きを読む

キーワード検索