ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2016年4月

「尚州(サンジュ)市女性団体協会」の皆さんがドーンセンターを視察されました。

 4月14日、韓国の「尚州(サンジュ)市女性団体協会」の皆さんが、ドーンセンターを視察されました。
 この団体は、「女性が活躍する社会形成」を目指す民間団体やNGO関係者で結成されており、今回は、日本型モデルケースを学ぶことを目的にドーンセンターを見学されました。女性が積極的に社会参加するために必要な支援やその役割を学ぶべく、参加者の方が、大阪府並びに当財団の説明を真剣に聞き入る様子が印象的でした。
   
 当財団の白井文業務執行理事の歓迎の挨拶の後、大阪府の女性活躍推進の現状、平成6年(19...

⇒ 続きを読む

大阪府不妊専門相談センター事業「子どものいない人生のこと、話し合ってみませんか」を開催します

同じような悩みや経験をもつ女性が集まり 普段はあまり話すことのできない不妊をテーマに話し合っています。 「同じような立場の人と出会いたい」「こんな悩みを抱えているのは私だけ?」 「他の人はどうしているの?」...そんな方々のための 全6回連続のサポート・グループです。
今回のテーマは、「子どものいない人生」です。 治療のやめ時をどう決断すればいいのか、決断するのがつらい...。 夫の家族や実家、子どものいる友人との付き合いは...。 そんな迷いや不安を、同じ経験をもつ者同士で語り合いましょう。 ...

⇒ 続きを読む

【イコーラム】市民協働事業第ニ弾「知ることからはじめよう!~当事者たちのキモチ~」で3人の当事者のお話を聴きました。

東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは、3月12日(土)に市民協働事業「知ることからはじめよう!~当事者たちのキモチ~」を開催しました。   市民協働事業は今年度からイコーラムで実施している事業で、東大阪市内で活動する市民もしくは団体とイコーラムが協働し、イコーラムを運営する指定管理者の自主事業として実施するものです。
今回の講座は「企画」で応募された第二弾として、うつ病経験者と、セクシュアルマイノリティ当事者とそのパートナーの3人の話を手話つきで聴き、自身の価値観を見つめ直す機会となり...

⇒ 続きを読む

キーワード検索