ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2014年1月

【イコーラム】一歩セミナーシリーズ③「アサーショントレーニング」が終了しました。

東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムでは一歩セミナーシリーズ③女性のエンパワメント・実践編を開催しました。
今回は自分も相手も大切にしながら自己表現する「アサーション」をテーマに12月7日(土)、14日(土)、21日(土)の3回開催しました。講師には、フェミニストカウンセリング神戸の岡本明子さんをお招きしました。
大変多くの参加があり、相手とのよりよいコミュニケーションに対する関心の高さが感じられました。「I(アイ)メッセージ」で伝えることの大切さや、感情にいい・悪いはなく、怒りも表現のひ...

⇒ 続きを読む

「はなみずき塾 自己表現ワークショップ」 が終了しました

1月11日(土)に「はなみずき塾 自己表現ワークショップ ~自分らしく生き、自分らしく働き続けるために~」を開催しました。
女性問題専門心理カウンセラー 安田香珠子さんを講師に、自分らしく生き、働くためのコツを楽しいワークショップと心理学の講義から学びました。
今回は「関係を壊さない「怒りの伝え方」をしよう。」がテーマで、自尊感情を高める「怒り」の表現方法、怒りが強いときの対処法などについて教わりました。
「遅刻してきた友人への一言」「同僚の男性に嫌味を言われた場合の返し方」「すぐ結婚の話題を持...

⇒ 続きを読む

女の暦2014「姉妹たちよ」 ドーンセンター3階で販売中!

ただいま、ドーンセンター3階受付では、女の暦2014「姉妹たちよ」カレンダーを定価1600円(税込)で販売しています。

女が女であることを高らかに謳いながら、 道を拓いてくれた女たちへ、愛と感謝をこめて。 女が連なって生き、つくってきた歴史のシッポに、 わたしたち今生きている女たちがいる。
今年のカレンダーには、元ドーンセンター館長の竹中恵美子さんが掲載されています。 「姉妹たちよ」はカレンダーとしてはもちろん、読み物としても大変面白く、執筆者、そして、 編集者の皆さんの先駆者への熱い思いとと...

⇒ 続きを読む

『世界女性会議ネッ関ニュース』にはなみずきスタディツアーレポートが掲載されました。

 世界女性会議ネットワーク関西/事務局発行「世界女性会議ネッ関ニュース」(№100 2014.12.26発行)にはなみずきスタディツアー担当スタッフ仁科あゆ美のレポート「バンクーバーのNGOに学ぶ」が掲載されました。 当財団は2014年9月にカナダ、バンクーバーでさまざま状況の女性を支援するNGOを訪問するスタディツアーを実施しました。中でも、公立高校内の託児所運営を行い、高校生のシングルマザーをサポートしているNGOを訪問した様子、そこで支援に携わる女性の声を記しています。 訪問した全てのNG...

⇒ 続きを読む

当財団の「故郷のこと話しませんか?」に参加の森松さんが手記を出版されました

 東日本大震災の被災地から関西へ避難してきた女性たちのための当財団実施のサポートグループ「故郷のこと話しませんか?」に参加中の森松明希子さんがこのたび、手記『母子避難、心の軌跡 』(かもがわ出版、電話075-432-2868)を出版されました。
 森松さんは、大震災による原発事故のため福島県郡山市の自宅から平成23年(2011)年5月、当時3歳とゼロ歳の子ども2人を連れて大阪市へ自主避難して来ました。その年の9月から当財団がドーンセンターで始めたサポートグループに参加。同じような立場の避難女性...

⇒ 続きを読む

20周年を新たなステップに――本年もよろしくお願い申しあげます

新年明けましておめでとうございます。
私たち一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団は、多くの皆さまに支えられ、職員そろって元気に新しい年を迎えることができました。
本年は、財団設立とドーンセンター開館20周年にあたる記念すべき年です。平成6年(1994)4月の設立からこれまでに財団は、自立化とドーンセンターへの指定管理者制度導入、新法人への移行といった大きな波に耐えながら、男女共同参画社会づくりのための事業に取り組んでまいりました。
ここ4年ほどは大阪府だけでなく、東大阪市など他の自治体や国、大...

⇒ 続きを読む

キーワード検索