ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2013年10月

はなみずきスタディツアー「アメリカのNGOに学ぶ」の8回目の報告です。

引き続き、参加メンバーからの感想を紹介します。

●お洒落に、明るく、コミュニティケア
中岡純子(男女共同参画センター横浜 相談センター 相談員)
ツアーで訪問させていただいた先々で骨身に沁みたのは、こんな印象でした。
ファンドレイジング(マーケティング)・福祉・心理...
各分野のプロがそれぞれの専門性と熱い想いを持ち寄り、戦略的に、温かくしなやかに、活動を続けている。ゆったりと、しかし隙なく。・・・めっちゃ格好いい!
「日本にはこんな寄附文化がないもんなぁ...」とか「自分のことばで社会問題...

⇒ 続きを読む

復興庁ホームページに東北女性の手仕事物産展「どーんと東北!」が掲載されました。

当財団が開催した東北女性の手仕事物産展「どーんと東北!いわて・みやぎ・ふくしまから」が復興庁のホームページに紹介されました。
復興庁男女共同参画班では、自治体や各地で活躍する方々の参考となるよう、復興に当たって、女性が活躍している事例や被災地の女性を支援している事例等を収集し、紹介しています。東北女性の手仕事物産展「どーんと東北!いわて・みやぎ・ふくしまから」を6月に開催した際に、復興庁よりドーンセンターへ取材に来られました。
こちらに掲載されています↓「男女共同参画の視点からの復興~参考事例集...

⇒ 続きを読む

【イコーラム】イコーラムカレッジ「現代社会を読み解く」⑤が終了しました。

東大阪市立男女共同参画センター・イコーラムではイコーラムカレッジ「現代社会を読み解く」⑤を10月19日(土)に開催しました。
今回は今年度シリーズの第5回で「食べることは生きること~摂食障害からみえるもの~」をテーマに、中村このゆさん(追手門学院大学心理学部心理学科教授)をお招きして開催しました。
摂食障害の定義や症状、発症する背景を中心にお話しいただきました。近年は、摂食障害の低年齢化と高齢化がみられ誰にでも起こりうるものであること、また摂食障害は'やせている女性は美しい'といった商業主義が影...

⇒ 続きを読む

「はなみずき塾 自分発見ワークショップ」 が終了しました。

2013年5月~10月に「はなみずき塾 自分発見ワークショップ ~もっと自分らしく生きるために~」を開催しました。
女性問題専門心理カウンセラー 安田香珠子さんを講師に、ユニークで楽しいワークショップを行い、隠れていた自分の大切なもの-能力、性格、人的資源、価値観を見つけることができました。受講生からは「もっと主体的に"やりたいことをやる自分でOK"だと思って人生を進んでいこうと思う」「自分らしさを失わず、前を向いて頑張ろう」とお声をいただきました。
2013年11月~2014年3月からは「は...

⇒ 続きを読む

はなみずきスタディツアー「アメリカのNGOに学ぶ」の7回目の報告です。

引き続き、参加メンバーからの感想を紹介します。

●女性を支援するのは、やはり女性である
田端八重子(もりおか女性センター センター長)
今回の海外視察の目的は、女性起業家とDV被害当事者の支援者との交流及び現地視察であった。
4か所の女性経営者は、自らが起業した、また、先の代の意志を継いで経営者となった知的で行動的、そして戦略的な女性たちであった。それらの施設は、女性たちが性暴力、薬物、傷害、虐待などの犯罪に巻き込まれ、自らも犯罪者となった女性たちの社会復帰のための訓練の場であった。刑を終えて...

⇒ 続きを読む

はなみずきスタディツアー「アメリカのNGOに学ぶ」の6回目の報告です。

引き続き、参加メンバーからの感想を紹介します。

●プロジェクトWISE
木村松子(山形大学男女共同参画推進室コーディネーター)
まず訪れたのが「プロジェクトWISE」。シングルマザーやドラッグ経験者が貧困や孤独から抜け出すための支援をしている。週1回のカウンセリングと6人のボランティアによるメンタリングがあるが、約3,000万円の経費のほとんどを財団や法人のグラントや寄付で賄う。ソーシャルメディアを駆使しての資金集めは経営学修士をもつ代表責任者ローラの役割だという。ツアー仲間も含め、逞しく温か...

⇒ 続きを読む

はなみずきスタディツアー「アメリカのNGOに学ぶ」の5回目の報告です。

ツアーには、岩手、山形、東京、横浜、三重、そして大阪からご参加くださいました。

ここに皆さんの感想をご紹介します。
●YOU CHANGE YOUR WORLD(あなたがあなたの世界を変える)
松尾まどか(NPO法人美容本舗 harmony)
こんなに刺激的な旅は初めてだった。現地のNPOは想像をはるかに超える組織形成だった。女性による女性のための自立支援。行政に頼らない資金集め。シングルマザーの代表者。印象的だった「DRESS FOR SUCCESS」では面接時のスーツを無料提供する。働く女...

⇒ 続きを読む

はなみずきスタディツアー「アメリカのNGOに学ぶ」の4回目の報告です。

<Women's Bean Project ~ 豆スープの販売で女性の仕事、成功を応援!>  1989年設立。刑務所を出所した女性たちの就労を応援するNGOです。 設立者は、女性がシェルターを出所した後自立できるように、仕事に就き継続できるように、貧困から抜け出せるように...と願って、500ドルを出資し、豆スープセット(Toni Bean)を販売するビジネスを考えました。それがウィメンズ・ビーン・プロジェクト(WBP)の始まりです。
 その後、この豆スープセットの販売で大きく発展。今や販売商品...

⇒ 続きを読む

はなみずきスタディツアー「アメリカのNGOに学ぶ」の3回目の報告です。

<Project WISE ~女性が自己決定する・選択する力を取り戻す >  貧困や差別など複合的な問題で困難な状況にある女性たちに対し、女性の視点に立つカウンセリングを行い、女性が主体的に生きていくことを応援するのが、プロジェクト・ワイズの活動です。 カウンセリングを重ねるなかで、自分自身のありたい姿、ゴールを決めます。6カ月の間、さまざまなプログラムに参加し、体験者の話を聞いたり、メンターを付けたり...、そして自分の人生は自分で決定できる、選択できるんだということを確認します。  自然光で...

⇒ 続きを読む

「はなみずき塾Ⅱ/9月」が終了しました

9月28日(土)「はなみずき塾Ⅱ」を開催しました。
第1部は楽しく働いていくために、第2部は生活を楽しむために、2つあわせて「はなみずき塾」です。
第1部「働き続けるわたしの歩み」
今回のスピーカーは、様々な経験をもつ広野郁子さんでした。就職、結婚、出産、子育て。夫の転勤による数回の自身の転職。そして、現在は、専業主婦時代の経験も活かして暮らしのアイデアをヒット商品にする会社を設立され、経営者として活躍されています。
静岡の三菱電機株式会社時代に冷蔵庫商品開発で携わった「切れちゃう冷凍」開発の裏...

⇒ 続きを読む

キーワード検索