ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2013年1月

米国・聖キャサリン大学院生のみなさんがドーンセンターを視察

米国ミネソタ州・聖キャサリン大学のハーデスティ教授と大学院生13人が1月29日、ドーンセンター視察に来訪されました。
一行は、日本における企業、政府、非営利団体のリーダーシップや女性の地位に関する調査を目的に1月20日から約2週間の予定で大阪へ来訪。ドーンセンターでは財団理事長の時岡禎一郎が、ドーンセンターと財団事業の概要とともに、日本では欧米に比べてとりわけ政治と経済分野で女性の進出が遅れている現状を説明しました。
女性12人、男性1人の大学院生は全員が、ビジネスや法曹界などで働きながら学ぶ社...

⇒ 続きを読む

平成25(2013)年もよろしくお願い申しあげます

新年明けましておめでとうございます。
私たち一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団は、多くの個人、団体の皆さまのご支援により、財団自立化から3度目、一般財団法人への移行から1度目の新年を迎えることができました
新法人移行に伴って作成した中期経営プランでは、「明るく元気な大阪のために」と「女性も男性も、子どもも高齢者も、すべての人が生きやすい男女共同参画社会づくりのために」という二大スローガンを掲げています。
年頭にあたってこのスローガンを再確認し、女性の就労支援や貧困の克服、暴力の根絶、被災地支...

⇒ 続きを読む

キーワード検索