ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2011年12月

「関西女の労働問題研究会」から財団に寄付金をいただきました

 大阪を中心に、働く女性の地位向上や学習、交流のための活動を34年間余りにわたって続けてこられた民間団体「関西女の労働問題研究会」から当財団に12月16日、寄付金50万円をいただきました。この日、ドーンセンターで、研究会代表の伍賀偕子(ともこ)さんと事務局長の宇野京子さんに、当財団理事長の時岡禎一郎が感謝状を手渡し「貴重な寄付金を、男女共同参画の実現を目指す事業のために有効に使わせていただきます」とお礼を述べました。
 「関西女の労働問題研究会」は1977年7月、当時の大阪総評で女性運動を担って...

⇒ 続きを読む

韓国「社会団体海外研修」の受け入れ

 12月7日(水)午前、韓国の特別政府機関「特任長官室」主催の海外研修プログラムにより、37名がドーンセンターを訪問されました。当研修は、3泊4日の日程で日本のNPOなどの機関を訪問し、日本社会の仕組みや団体の活動などについて知ることを目的として行われているものです。 5回目となる今回は研修テーマに「女性と社会」を取り上げ、それに関連した実践的な情報収集および学びの場として、ドーンセンター見学が盛り込まれたものです。施設見学の他、特徴的な当財団プログラムの紹介をてがかりとして、韓国と日本の女性を...

⇒ 続きを読む

キーワード検索