ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > ニュース > 2009年1月

【アメリカレポート⑤】ワシントンDCあれこれ

 新大統領就任直後の訪問だったので、新しい政府誕生への喜びが連邦政府各省庁の職員やNGOスタッフから伝わってきました。特に女性に関する政策に関しては期待度・大で、一気にどんどん進めようというところです。 地下鉄構内に多く貼ってあった某家具販売店の宣伝ポスターも「CHANGE」に便乗しています(笑) オバマグッズのお店企画推進グループ 仁科あゆ美

⇒ 続きを読む

【アメリカレポート④】連邦政府&NGO

*雇用機会均等委員会(連邦政府) すべての人が、性差別、人種、肌の色、国籍、宗教、年齢(とりわけ40歳以上)、障がいによって差別されず、働く機会と待遇が平等に得られるよう、働きかける機関です。「昨夜、雇用機会均等に関するある条項が議会を通過したところです。これでまた進みます!」と、お会いするなり、ホットなニュースを教えてくれました。
*ナショナル・ミュージアム・オブ・ウィメン・アーツ(NGO) アメリカで唯一、女性芸術家のあらゆる作品を展示している美術館です。劇場やライブラリーも併設、オペラ、演...

⇒ 続きを読む

【アメリカレポート③】連邦政府視察

*労働省女性局(連邦政府) 1920年に設置。女性にが働きやすい職場をつくるための政策基準をつくる機関。「オバマ大統領も、ワーク・ライフ・バランスの視点をもち、男女とも柔軟に働けるような政策を継続していくことでしょう」とソーシャルサイエンスアドバイザー。写真は歴代の女性局長です。*法務省市民権部(連邦政府)「米国は市民権の確立には歴史があります。これからは、性別、人種、国籍、宗教、言語等・・・、細分化してさらに強化していきます。今の重点施策の1つはさまざまな国からの移民の人権問題です」 弁護士資...

⇒ 続きを読む

【アメリカレポート②】女性関連NGO視察

*女性政策研究所(NGO)女性の労働等に関する調査をし、政府に政策提言しています。女性の登用を積極的に進めてほしいとオバマ大統領就任時に手紙を出しました。*女性史博物館(NGO)「埋もれていた女性の歴史を発掘し、知ることは非常に大切!」女性起業家とNGOによる運営されています。企画推進グループ 仁科あゆ美

⇒ 続きを読む

【アメリカレポート①】ワシントンDCに到着しました

【ワシントンDC】2009年1月26日~29日テーマ:連邦政府の機構と女性の権利に関する国内のアドボカシー、政策調査団体との関係を知るオバマ新大統領を祝ったキャピタル周辺。演説時には、ぎっしりと人で埋め尽くされていたそうです。

*プログラムのオリエンテーション「連邦政府、州政府の取り組み、企業やメディア、NGO、大学などで、女性に関する取り組みの実際を全米各地でしっかり見て、聞いてほしい」と国務省担当者とプログラムコーディネーター企画推進グループ 仁科あゆ美

⇒ 続きを読む

大阪府立千里青雲高校「人権講演会」でデートDVについてお話しました

 大阪府立千里青雲高等学校「人権講演会」で1年生のみなさん280 名に、企画推進グループ木下がデートDVについてお話させていた だきました。
●テーマ:「デートDV:相手を尊重する関係をつくるために」 ●日 時:2009年1月22日(木)13時10分~14時20分
 大阪府立千里青雲高等学校では、日頃から先生方が熱心に人権教育に取り組んでおられます。今回はデートDVをテーマにたくさんの具体例を交えてお話ししましたので、みなさんには自分自身の身近な問題として考えていただくことができたようです。スピ...

⇒ 続きを読む

アメリカ国務省の招聘「インターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム」に参加します

 アメリカ国務省は、世界各国の各分野から次世代を招聘し、アメリカの関係機関等を訪問、交流することを目的にしたインターナショナル・ビジター・リーダーシップ・プログラム(IVLP)を実施しています。日本は1953年より参加し、今までにも政府、政界、マスコミ、教育、文化などの各分野から選出された方々が各都市を訪問、帰国後はそのノウハウやネットワークを仕事等に活かされています。 今回、大変ラッキーなことに、私が下記のプログラムに参加することになりました。                         ...

⇒ 続きを読む

門真市教育委員会主催「男女平等教育研修会」に講師を派遣しました

 昨日、門真市の小中学校教員80名を対象にした「男女平等教育研修会」が開催され、当財団の職員2名が講師を務めました。
 「男女平等教育の実践に活かす」をテーマに、学校教員のためのドーンセンター情報ライブラリー活用術やセクハラについてお話をしました。
 学校関係者の方々からドーンセンターに寄せられる情報相談事例のご紹介や、当財団が収集している海外女性監督ビデオ作品の中から、スクールセクハラ教材として活用できる作品を上映しました。また、「学校教員のための教材づくりワークショップ」など主催講座のご案内...

⇒ 続きを読む

キーワード検索