ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > 講座・イベント > 財団事業 |マッセ・市民セミナー「持続可能な開発目標(SDGs)
 ~誰ひとり取り残さない社会の実現に向けて~」

マッセ・市民セミナー「持続可能な開発目標(SDGs)
 ~誰ひとり取り残さない社会の実現に向けて~」

日時2018年10月18日(木)14:00~16:30
場所ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)
特別会議室(5F)
大阪市中央区大手前1-3-49
内容

SDGS.jpg 2015年の国連総会において「持続可能な開発のための目標(Sustainable Development Goals:SDGs)」が全会一致で採択されました。SDGsは2030年までに国際社会が一丸となって達成すべき包括的な17のグローバル目標と169のターゲットで構成されており、理念は「誰ひとり取り残さない」です。人権・経済・社会・環境等をめぐる広範な課題に対して、全ての関係者(先進国、途上国、民間企業、NGO等)が総合的に取組んでいくことが求められているのです。
 今、私たちは何をすべきでしょうか。SDGsを人権の視点でとらえ、行政や企業、NGO・NPO等でどのように取組んでいくことができるのかを考えるセミナーを開催します。

<Ⅰ部>14:00~15:30      
講演:「持続可能な開発目標(SDGs)~誰ひとり取り残さない社会の実現に向けて~」
講師:三輪敦子((一財)アジア太平洋人権情報センター(ヒューライツ大阪)所長、国連ウィメン日本協会副理事長)
日本赤十字社外事部、国連女性開発基金(現UN Women)アジア太平洋地域バンコク事務所、(公財)世界人権問題研究センターにおいて、ジェンダー、開発、人道支援、人権分野の様々なプログラムの実施支援や調査・研究に携わってきた。2017年より現職。関西学院大学、京都女子大学等、非常勤講師。

<Ⅱ部>15:40~16:30(質疑応答含む)    
対談:「各地域での取組みに向けて」  
講師:三輪敦子
聞き手:白井文((一財)大阪府男女共同参画推進財団業務執行理事、前尼崎市長、グンゼ株式会社取締役)
1960年尼崎市生まれ。航空会社の客室乗務員や人材コンサルタントを経て、1993年から尼崎市議会議員。2002年に市長選に出馬。現職を破り、兵庫県内で二人目、全国最年少(当時)の女性市長に。2010年の市長選挙には出馬せず、同年12月で任期満了。現在も尼崎市在住。

チラシ(564.5 KB )

対象・定員【定員】
70名(先着順)
費用無料
主催主催 一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団、公益財団法人大阪府市町村振興協会 研修研究部
申込方法電話、FAX、メール、当財団ホームページから。
※必ずメールアドレスをご記入ください。
申込締切
問い合わせ先ドーン財団(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団)
〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15 大手前センタービル12F
TEL06-6910-8615 FAX06-6910-8624
URL http://www.dawn-ogef.jp
Email:jigyo@dawn-ogef.jp

キーワード検索