ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > 講座・イベント > 財団事業 |第8回はなみずきツアー 毎日新聞特別編集委員 畑律江さんと行く 出石永楽館歌舞伎

第8回はなみずきツアー 毎日新聞特別編集委員 畑律江さんと行く 出石永楽館歌舞伎

日時2018年10月24日(水)
場所出石永楽館(兵庫県豊岡市出石町柳17-2)
内容

H30歌舞伎ツアーちらし1-01.jpg紅葉色づく季節、毎日新聞特別編集委員 畑律江さんとともに、自然と文化が溶け合う町、兵庫県豊岡市出石町を訪れませんか?行きのバス車中で、歌舞伎の見どころについてお話を聞いた後で「永楽館歌舞伎」を観劇すれば、楽しさ倍増、深い感動が味わえます。年々チケット入手困難になる片岡愛之助さんが座頭(ざがしら)の永楽館歌舞伎。その千秋楽公演をぜひお楽しみください。自由時間には、城下町出石の町並散策もできます。

今年の演目は、再演する演目のリクエストを募って選ばれた作品「神の鳥」。幸せを運ぶという霊鳥コウノトリを題材にした新作舞踊劇です。そして、弁慶が生涯で一度だけ恋をし、大泣きしたという伝説を描いた作品「御所桜堀川夜討 弁慶上使」です。

『第十一回 永楽館歌舞伎』製作:松竹

出演者:片岡愛之助、中村壱太郎、上村吉太朗、上村吉弥、大谷圭三

演目:一、御所桜堀川夜討 弁慶上使

演目:二、お目見得 口上 幹部俳優出演

演目:三、神の鳥 作・演出:水口一夫 振付:藤間勘十郎

出石永楽館とは
明治34年に開館し、歌舞伎や新派劇、寄席、活動写真など、但馬の大衆文化の中心として栄えました。平成20年に大改修を終えてよみがえり、明治期に残る芝居小屋としては近畿地方に現存する唯一のものです。

是非、皆様のご参加をお待ちしております。

※ツアーの詳細は、チラシをご参照ください。

チラシ(531.5 KB )

対象・定員対象:女性(女性グループまたは女性とのペアなら男性も可。)

定員:37名(先着順・要申込)
費用1名様:26,000円(JR大阪駅~永楽館 往復貸切バス料金、歌舞伎観劇料、幕間弁当とお茶、国内旅行保険料込み)
主催ドーン財団(一般財団法人男女共同参画推進財団)
申込方法電話、メール、FAXにて下記の内容をご連絡ください。

・お名前(フリガナ)
・生年月日(保険加入に必要です。)
・ご住所
・連絡先電話番号
・当日の電話番号
・FAX番号
・Eメールアドレス
・カニアレルギー有無(幕間弁当はカニちらし寿司の予定です。変更される場合は但馬牛寿司弁当に変更可能です。)
申込締切
問い合わせ先主催・問合せ

ドーン財団(一般財団法人男女共同参画推進財団)
〒540-0008
大阪市中央区大手前1-2-15 大手前センタービル12階
TEL06-6910-8615
FAX06-6910-8624
Eメール jigyo@dawn-ogef.jp
URL:http://www.dawn-ogef.jp
受付時間 月~金 9:15~17:45(土日祝休み)

キーワード検索