ドーン財団(一般財団法人 大阪府男女共同参画推進財団)

ホーム > 講座・イベント > 財団事業 |「特別プログラム グループ・スーパービジョン(全3回)」

「特別プログラム グループ・スーパービジョン(全3回)」

日時2017年11月10日・17日・24日(金)各13:30~16:00
場所ドーンセンター(大阪府立男女共同参画・青少年センター)小会議室6(4F)
内容

2017フェミニストカウンセリング専門講座
特別プログラム グループ・スーパービジョン

~経験豊富なスーパーバイザーとの事例検討~

FC_omote.jpg 実際のカウンセリングの現場では、さまざまな課題に直面し、「どう対応したらいいのか」「どのように理解したらいいのか」「自分の対応はこれでいいのか」と迷い悩みが生じることがあります。
 また、援助者が孤立することなく仕事を継続するためにも、経験豊富な専門家の指導・助言は不可欠です。
 この特別プログラムでは、経験豊富なスーパーバイザーとともに、ケースの捉え方・アプローチや対応の仕方などについて提出事例を少人数で検討します。
 ジェンダーに敏感な視点がなければ対応できない問題(女性に対する暴力、トラウマ、性暴力、セクシュアル・ハラスメント など)のカウンセリングやメンタルヘルス支援に関わる支援者が、より専門的な気づきや学びを高め援助職としての資質と専門性の向上を図ります。

【第1回】11月10日(金)13:30~16:00
●スーパービジョンのガイダンス
・支援者としての基本姿勢を再構築し、対応ポイントの洗い出しを行う
・クライアントの訴えを的確に把握するために必要なことは何かを学ぶ

【第2回】11月17日(金)13:30~16:00
●【実践】グループ・スーパービジョン①
 ~提出事例使用による考察~
・ケースの捉え方、具体的アプローチや対応方法などを検討する
・自身の対応パターンや傾向に気付き、技術のスキルアップを図る

【第3回】11月24日(金)13:30~16:00
●【実践】グループ・スーパービジョン②
 ~提出事例使用による考察~
※別事例を使用し、実践①から得た経験を更に掘り下げる

■スーパーバイザー 川喜田 好恵(日本フェミニストカウンセラー協会代表/ドーン財団カウンセラー)
profile:組織開発、人間関係トレーニングなどに関わった後、米国の大学院でカウンセリングなどを学ぶ。帰国後、1981年より大阪府立婦人会館カウンセラーなどを経て、1994年ドーンセンター(当時の大阪府立女性総合センター)設立当初から2009年3月まで、相談担当コーディネーターを務める。日本DV防止・情報センター運営委員などを兼務。大学でジェンダー論などの講座を持つ。

チラシ(1.2 MB )

対象・定員【対象】
①女性相談やメンタルヘルス支援に携わる援助職、支援活動を行っている人
②「フェミニストカウンセリング専門講座」受講生 など
【定員】
10名 先着順 (選考の上、決定通知書を送付)
費用全3回 30,000円(ドーン財団個人賛助会員:10%割引)※一旦お支払いされた受講料は返金できませんので、ご了承ください。
主催ドーン財団(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団)
申込方法チラシ裏面の「受講申込書」または次の①~④を記載したものを、メール・FAX・郵送でお送りください。
①お名前
②ご所属
③経験年数
④ご連絡先
・住所
・電話
・FAX
・E-mail
申込締切
問い合わせ先ドーン財団(一般財団法人大阪府男女共同参画推進財団)
      〒540-0008 大阪市中央区大手前1-2-15、大手前センタービル12F
      TEL:06-6910-8615
      FAX:06-6910-8624
      E-mail:jigyo@dawn-ogef.jp
      受付時間 月~金 9:15~17:45(土日祝は休み)